読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

脳内ラブレター

愛が重い

A9(Alice Nine) の本当のスタート -A9 TOUR 2016『TRUTH IN LIGHT AND DARKNESS』-

A9 TOUR 2016『TRUTH IN LIGHT AND DARKNESS』参戦しました。

今回のツアーは1部と2部に分かれている。
過去に黒服限定、白服限定などの客側の縛りのあるライブはあったけれど、舞台の1幕2幕のような形式のライブは初めてだった。

あと、メンバーの立ち位置も変わっている。
アイドルとかは曲によって立ち位置が変わったりするけれど、バンドはメンバーの立ち位置は基本的に固定だ。固定されているからファンのステージを見る位置が大体決まっているけれど、その「いつもどおり」じゃない状態になっている。

2部制とメンバーの立ち位置の変更という端から見たら何てことないかもしれないが、「いつもどおり」やらない彼らの意図をわからないまま開演時間を迎えるのは、少し心臓に悪かった。

 

 

派手な演出もなく、Naoが登場する。ドラムを叩いてリズムがなり始めたら沙我がベースを、いつも下手にいるギターの虎が上手に行き、もう一人のギターのヒロトが登場してどんどん音が重なっていく。そしてボーカルの将がセンターに立ち、ライブが始まる。

1部は本当に手拍子ばっかりだった。でも、ステージの空気感がすごく心地よくて自然と体が揺れていた。
ツアー前に発売された2ndEP「LIGHT AND DARKNESS」の曲がこの雰囲気とマッチするのはもちろん、「絶景色」や「Alpha」からの懐かしい曲やライブで拳突き上げたり頭振ったりしていた「華」や「RAINBOWS」がガラッとアレンジが加えられていた。すごいジャズっぽかった。
MCで「CD化されるまえのスッピンを味わってほしい。」と言っていたのだけれど、紹介がなかったら「こんな曲あったっけ?」と思うくらいガラッと変わっていた。
個人的に「華」暴れるよりもリズムに乗るイメージだったから、ツアーアレンジのが好き。
荒削りで勢いがある「絶景色」や「Alpha」の時代の曲と、理想に向けて作り込んだ「9」や「Supernova」、そして最新EP「LIGHT AND DARKNESS」の曲達がちゃんと共存されていて、1部の間はぎゅっと胸が締め付けられるような感覚だった。

 

2部は1部の分まで暴れるぞ!っていう気持ちが溢れ出ていた(笑)
神戸も名古屋もアンコール前にヘロヘロになるくらいだった。メンバーも煽るし、客席にすごい問いかけてくるし、必死に声だしてたら体の水分も抜けてバキバキになってもう疲れた!楽しかった!!!
A9のライブ行き始めて1、2年くらいの頃の感覚に近かった。懐かしかった。

 

 

ライブ後に今回のツアーパンフとA9全員やソロでのインタビューの雑誌を買った。

↓ツアーパンフのインタビュー抜粋記事

spice.eplus.jp

 

↓A95人全員でのインタビューが載ってます。初めてCure購入。

Cure(キュア) 2016年 06 月号 [雑誌]
 

 

↓沙我さんソロインタビュー。ツアー前の近況が載っています。

ROCK AND READ 065

ROCK AND READ 065

 

2nd EP「LIGHT AND DARKNESS」のタイトルに使用したこのツアーは、結成から10年以上名乗っていた“Alice Nine(アリスナイン)”を“A9(エーナイン)”と改めてからの初めてのツアー。
ツアー参加してからはメンバーも必死にA9を続けるためにステージに立って引っ張っているんだなと感じた。
独立してからこのツアーを決行してる今まで、楽なことなんて何一つなくて音楽を作るためだけの時間が取れるわけじゃないなか、独立前のペースと変わらないように常に動いていたこと、自分が思ってた以上に5人はもがいていた改めて思い知って、後ろから殴られたみたいな衝撃だった。
2年前の富士急での10周年ライブで「俺たちは解散しない」と言ってくれた言葉に安心しきっていた。10年もやったからいなくなるなんてことはない、なんてそんなことはない。去年もライブに行ったことがあるバンドが休止したり解散したり、ちょっと前もバンド解散のニュースが飛び込んでいた。安泰なんてどこにもない。わかっていたはずなのに、ファンになってからの長い年月と彼らの努力で見せないようにしていたのだ。

私はA9を終わらせたくないし、終わってほしくない。
1年前、自らを不死鳥に例えてステージに上がった彼らを引っ張っていけるのはファンだ。彼らが向かいたいと思う先のところに連れて行きたい。見てみたい。
日の丸の下のステージで堂々と立つ5人の姿とその先へ、絶対行くんだと改めて思った。

 

今回のツアーはA9にとっても、私にとってもスタート位置に立ったツアーだった。
もしも時が戻るならば、願いますか?私はツアー前の自分をぶん殴りたい。